宮古島専門の観光案内サイト宮古島観光人

~宮古島専門の観光案内サイト宮古島観光人~

HOME宮古島に行こう宮古島で遊ぼう宮古島で食べよう宮古島の概要宿・ホテルレンタカー観光名所

宮古島の楽しみ方

カフェ

居酒屋

食堂

エステ・マッサージ

雑貨屋

リゾートゴルフ

クチコミ投稿

宮古島観光人ガイドブック

相互リンク集

ブログ

地域ごとに見てみる

平良地区

久松地区

下地地区

城辺地区

上野地区

島尻地区

来間島

池間島

大神島

伊良部島

多良間島

 

HOME来間島

来間島

 

 くりまじまと読む。
宮古島の南にある人口200程度の小さな島。宮古島とは来間大橋によって結ばれている。
来間島はスムリヤー、ウプヤー、ヤーマスヤーの3人の兄弟のよって興された。宮古島の民族とも、池間島の池間民族とも違うと言われている。
毎年10月にヤーマス御願というお祭りが行われ、日本中に散った3兄弟の末裔がこの日ばかりは、集まり宴を行う。 
近年ではナイチャーが移り住み少しずつ活気をとり戻しつつある。

個人的に最も好きな場所でもある。

 

 

周辺の宿泊施設と観光スポット

 宿泊施設一覧へ 現在、2つしかないが、室が非常に高く宮古島の人気宿の1つ。

 観光スポット一覧へ 美しい海が多い。

交通など

 空港からタクシーで3000円ちょっと。宿は二軒のみで、有料送迎してくれる。

オリエンテーション

 宮古島よりもさらに時間の流れがゆっくりと感じるはず。島は小さいので散策も可能、自転車で長間浜、長崎浜、猫の舌ビーチなどビーチには困らない。前浜ビーチも自転車で行ける距離。宿は一軒しかないが、カフェは2軒ある。 夜は天の川を眺めに出るのもよい。
 夕食を食べる場所はないので、宿で自炊か食事つきを選ぶことなる。 レンタカーで昼間カフェでまったり過ごしに来るのもよい。

楽しみ方例

<サンプル1:来間島にひきこもり>
宿は一軒しかないが、のんびり過ごせる宿なので宿を中心に来間島にひきこもる非日常的な時間を過ごしてみる。昼間はカフェやビーチ、夜は宿で食事とゆんたく。

<サンプル2:カフェとビーチでのんびり>
宮古島で高評価のカフェがあるのがここ来間島。カフェでのんびり過ごして、来間島をゆっくり散策やビーチでのんびりするのもよいだろう。

<サンプル3:夜の光>
夜は周りに明かりがないので、夜空は綺麗に見える。天の川はもちろんのこと。ホタルも飛び交う。ただ、蚊なども多いので虫よけは行うこと。

COPYRIGHT (C)宮古島専門の観光案内サイト宮古島観光人. All Rights Reserved.
COPYRIGHT (C)ホームページテンプレート119. All Rights Reserved.Produced by SEO対策-GV

inserted by FC2 system